設計事務所って何をしてくれるの?

家づくりは選択がいっぱい。間取りは当然のこと、空間の広さ、高さ、明るさ、素材、色、
家具や照明器具の選定に至るまで、優先順位を決め、整理して、選び取っていきます。
暮らしを振り返り、未来を想像しながら、カタチにしていく作業はとても楽しい時間でもあり、
エネルギーを使うことでもあります。
私の役割は、お話しを伺って、より良い方法を考えることだと思っています。
お金をかけずに知恵で解決できる事はたくさんあります。
設計・監理専業の建築士として、一人の生活者として、
お客さまの思う「心地よさ」を感じ取り、カタチにしていくお手伝いをします。

具体的には
1.企画調査
・建物調査(既存建物の構造調査、建て替え・改修についてのアドバイス)
・敷地の調査、周辺調査
・企画調査(立地による建物用途、規模検討、法的規制、その他の調査)
・資金計画

2.建築設計
・基本設計(お客さまのお話しを伺って、建物の基本形を作っていきます。)
・実施設計(細かい打合せを重ねながら、意匠図、構造図、構造計算、設備図等設計図書の作成をします。)
・建築確認申請、その他諸官庁申請業務

3.工事監理
・施工業者選定(見積依頼、見積もりのチェック、業者選定についての助言、立会い)
・契約(請負契約の立会い)
・工事監理(工事期間中の各種検査、材料承認、試験立会い、打合せ)
・竣工検査(完成引き渡しを前に検査)

4.お引き渡し
・建物引き渡しの立会い
・完成図他完成図書の引き渡し
・維持保全についてのアドバイス
・瑕疵検査(引き渡し後一年目の検査等)

建物の新築の時だけでなく、既存の建物の維持管理、メンテナンス、改修の場合にも調査の上
工事内容の検討をし、必要に応じて設計図書の作成、工事の監理を行います。

家を建てる、買う、改築する、修理する。そんなとき誰かに相談したいと思われたら、
どうぞ建物の専門家である設計事務所に相談してみて下さい。